腕時計投資は最適な投資?時計好きな我々ができる投資なのか?

副業元年といわれている2018年みなさんも副業やっていますか?
最近の副業といえばビットコインに代表させる仮想通貨です。
しかし、仮想通貨は典型的なハイリスクハイリターンの投資です。
そこで我々のような時計の知識や興味がある人向けの副業・投資が『腕時計投資』です。今日はその時計投資の実態、メリットやリスクを書いていきます。トケマーで売っていたエクスプローラーⅠ REF 14270、1998年製の並行輸入商品です。
エクスプローラーが1987年より製造中止の後に製造開始されたモデルで、19991年に登場したモデルです。
トケマーでは49万8千円で販売されていて、もちろんSOLD OUTです。このREF 14270は私が1998年にAir-Kingを購入した時最後まで迷ったモデルです。

当時Air-KingのREF14000は定価31万(税抜)でほぼどこのお店も横並び価格、対してエクスプローラーⅠは前年に始まった木村拓哉氏が出たドラマ「ラブ・ジェネレーション」の影響で日々価格が上昇していました。

日本Rolexの定価が36万に対して実勢販売価格は39万から42万の間でした。トケマーにあった私が所有していたAir-Kingはトケマー販売価格で36万で売り切れでした。
つまり
エクスプローラー1:36万→49万
エアキング:31万→36万円と20年の時が経過しているにもかかわらず値上がりしている事がわかります。トケマーには直接時計を販売できる『出品』機能があります。手数料はわずか5%です!
ここでもし私が過去に買ったエアキングをトケマーで出品、先程の価格で売り、手数料5%¥18000を支払い残りが利益になります。¥32000の利益が出ます。このようにRolexは20年経過しても価格は緩やかな上昇傾向にあり、エアキングのようなリーズナブルなモデルでも購入当時の価格に近い値段で売る事ができます。
数あるブランドの中でもこのRolexが一番腕時計投資に向いているブランドでしょうね。
【エアキング】は年利換算にすると約5%で、貯蓄するよりも効果的な投資と言えます。2018年3月時点で三菱東京UFJ銀行で、外貨定期預金で年利6%の商品があります。しかし外貨預金は当然原価割れのリスクがあります。現在のアメリカ大統領だと、有事が起こるリスクは相当高く腕時計の方が安心できる投資、SWISS MADEの時計は歴史的に見ても過去2度の世界大戦でも強さを発揮してきました。機械式時計のメリットは半永久的に使用が出来ることです。車などの燃焼系の物と異なり、部品類が摩耗する事はあっても、その部分を交換して定期的に注油など潤滑油を加えていけば修理不能という事はありません。