並行・中古市場から見る ロレックス サブマリーナ Ref.116613LB 青サブの買取価格

2009年に前期モデル16613の後継機モデルとして誕生した。通称「青サブ」といわれており、コンビモデルの中でも1番人気があるといっても過言ではないモデル。青サブは出た当初文字盤はマットであったが、2013年頃からサンレイ文字盤という独特の艶青色した文字盤に変化した。(型番はそのまま)そんな青サブを今回は見ていこう。ケース径:40mm
素材:SS(ステンレススチール)×K18(18金)
防水性能:300m
パワーリザーブ:48時間
製造期間:2009年~
定価:¥1,290,000(税抜)ロレックスのコンビモデル(ロレゾール)として定番中の定番。青文字盤サブマリーナこと青サブ。前機モデルの16613を人気も継承し今も衰えを知らず人気があるモデル。前機16613のモデルと比べても116613は性能がアップしており、より力強く機能的なデザインになった。ラグ・リューズガードが大型化しより堅牢になり、また3連ブレス中央パーツが中空からソリッドへ。そしてヒゲゼンマイがブルーパラクロムヒゲゼンマイに変更するなど改良もしっかりされている。今後人気が衰えていくことは考えられず、夏に最もつけたい腕時計といっても問題なかろう。