2018年 怒涛の新作ラッシュの予感!ロレックスキャリバー3235を載せた誰かが生まれるはず!

2017年に新型シードゥエラーに搭載され、話題となった新設計キャリバー3235。シードゥエラーには、ロレックスが開発・製造した新世代ムーブメント、キャリバー 3235 が搭載されています。この機械式自動巻ムーブメントは、 時計製造技術の最先端を行くものです。 14 件の特許を取得したロレックスの技術を最大限に示しながら精度、 パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、快適な使用感と信頼性において抜本的な進歩を遂げています。キャリバー 3235 にはロレックスが特許を取得した新しいクロナジーエスケープメントが採用されており、高いエネルギー効率と信頼性を実現しました。ニッケル・リン合金製のため、磁場の影響を受けることもありません。
時計の心臓部である振動子には最適化されたブルー パラクロム・ヘアスプリングを備えています。ロレックスが特許を取得し、独自の常磁性合金から製造したこのヘアスプリングは、標準の 10 倍もの耐衝撃性を実現しました。ヘアスプリングにはロレックス オーバーコイルが装備され、あらゆる向きにおいて等時性を保ちます。キャリバー 3235 はパーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備えています。香箱の構造を一新し、エスケープメントの効率を向上させたことにより、キャリバー 3235 のパワーリザーブは約 70 時間まで延長されました。簡単にまとめると70時間ロングパワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性に富んだムーブメントだということです。旧キャリバー3135は48時間のパワーリザーブでしたので丸1日くらい動力がプラスになっています。

金曜日の夜に外しても、月曜の朝マダ動いているんですね。

コレは便利。そんな新世代キャリバー3235搭載機はこちら。

新型シードゥエラー43、2016年に登場デイトジャスト41、そしてパールマスター39。もちろんコレ等はキャリバー3135からの進化と捉えることができますね。

116600→126600

デイトジャスト2→デイトジャスト41

とモデルチャンジと共にキャリバーを乗り換えています。と、いう事で2018年の今年、キャリバー3135からキャリバー3235に世代交代するモデルの誕生の予感がしますよね!って記事でございます。

いったいどんなモデルが爆誕するんでしょうか?こちらは現行機のキャリバー3135搭載モデル。スポーツモデルは、ヨットマスター40、サブマリーナーデイト、ディープシー。

そしてドレスモデルのデイトジャスト36とデイト34になります。