JAQUETDROZの天然自然の物より勝る時計の芸術は現れます

JAQUETDROZの天然自然の物より勝る時計の芸術は現れます
世の中の歴史の最も悠久の時計メーカーの中の一つJAQUETDROZジャークの独ルーマニア、2月17日から2月26日までBELLAVITA1階の高にあるで時計に登ります。

初めてJAQUETDROZジャークの独ルーマニアTheDraughtsman『画家』のロボットの偶数の芸術展と2012を厳かに出して新しく展を表します。ブランドは遠い海をまたがり越えて、特にスイスのネサットのタイからなんじの美術と歴史博物館は創立者─表を作成する大家のピエール・ジャーク・独ルーマニア(PierreJacquetDroz)と息子Henri―LouisJacquetDrozと弟子Jean―FredericLeschotを持ってきて、3人は共に歴史の上に最も有名なロボットの偶数を創作しだして、この館の鎮館の宝のため。その外、特に2012年最新の時計のモデルをも持ってきて、JAQUETDROZジャークの独ルーマニアのぬきんでて巧みで完璧な表を作成する技術と技術が現れます。

TheDraughtsman『画家』、製図の巧みな動作を得意として、出馬のアウトラインをスケッチして、このロボットの偶数は1千の機械加工部品を上回るから構成したので、2000余りの時間の労働時間に続いて、11人の専門のデザイナー、彫刻家、画家、大工師、アニメーション家、微力の技師、真珠や宝石師から、時計師、かつら師をつくる、師を刺繍する、裁縫師、共通の協力は完成を作ります。TheDraughtsman『画家』のロボットの偶数の設計は新しい工夫をこらして、身長の約46センチメートル、銀の白髪の色の勢力のある人を蓄えていて、赤紫色の15世紀の風格の服装を着て、目つきは集中して、姿がきちんとしていて、彼は左軽やかにテーブルでの上でによって、右手は静かに羽の筆を振って、軽いペンはかすめて、視線は図が移動するのに従って、絶えず移動する白紙の上でペンを追って出馬の形を描写して、更に過程でまばたきをしていて、生き生きとしていて、彼が完成した後に左手を挙げる時に、完成を示します。