買取より高く、フリマアプリで売るより安心、ロレックスを売るなら***

トケイのフリーマーケット「トケマー」の一般参加が開始されました。

今回はトケマーで時計を売るメリット・デメリットを他の方法と比較しながら考えていきたいと思います。ご自分の時計を「お金」に替えるには
①大黒屋など時計を買い取る「古物商」へ売却する

②フリマアプリ、ネットオークションに出品する

③知人に売る

こんなところでしょうか?①大黒屋など時計を買い取る「古物商」へ売却する

これが一般的なのかも知れません。
大黒屋、なんぼや、クォーク、ジャックロード、コメ兵など有名な古物商の企業は「宅配買取」なども行っていますので東京に住んでいなくても全国どこからでもサービスを受けられます。

相手が企業なので個人情報などのコンプライアンスも安心でしょう。
有名店なら買取価格も高額で間違いない(比べてみても良いですね)。ただ、ただただ、100万円で売る時計の買値が90万円ってことは無いでしょうね。
いや、あるかな?ギリあるかな?

でも95万円ってのは無いでしょう。

なぜなら、買い取った時計を古物商の皆様は「売る」必要があるのです。
そこには「利益」が発生します。
慈善事業では無く、ちゃんと納税している企業ですからね。メーカーに修理、オーバーホールを出したことがある方ならご存知でしょうが、時計をキレイな状態にするのには福沢諭吉先生が何名か必要になります。

オーバーホールは
3針デイト表示自動巻きみたいなベーシックなもので40,000円くらい。
複雑なクロノグラフなら2倍、超防水なら1.5倍、三大ブランドなら3倍4倍当たり前です。
そこにポリッシュ(キズ取磨き)は別なメーカーもありますので
こんなコストを考えると無傷でない限り、買ってすぐ売るんじゃない限り・・・
100万円で売る時計は95万円で買い取られないのです。

儲け無くなっちゃう。では、仮に3年くらい使った人気のロレックスだとしましょう。

同じような条件の時計が100万円で楽天市場で売っているとしましょう。
でも、比べる時計はメンテナンスしていない、今まで着けていたものです。

コキズはあるし、汚れもある。
自分では気にしないけど、どこの誰だか知らないおじさんが着けてた時計という事念頭に。

古物商の買値査定は85万円!