【希少!!】この1年間で私が見た心躍るレアモデル5選 

【商品名】サブマリーナデイト
【型番】16613
【機械】自動巻 Cal.3135
【素材】ステンレススチール
【カラー】ヴァイオレット ※公式ではブルー
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】-円
【備考】-まずはサブマリーナデイトのヴァイオレットダイヤルからいきましょう!
正式にはブルーダイヤルですが、画像のサブマリーナは文字盤の色がブルーではなくヴァイオレットとなっています。実は非常にレアで人気がある文字盤カラーなんです。Ref.16613は1989年~2009年までの20年間という長い製造期間でしたが、画像のヴァイオレットカラーは初期生産分の一部にしか見られない個体で、タマ数が圧倒的に少ないんです。しかも、ヴァイオレットの色味もまちまちで、『光に当ててなんとなく紫に見えるもの』から、『自然光の中でどの角度から見ても完全にヴァイオレットといえる個体』まであります。当然、より濃いヴァイオレットの個体ほど評価も上がり、価格も高騰します。ちなみ画像のヴァイオレットの色味を5段階評価で表すとレベル3.5といったところでしょうか?これよりもっと濃いヴァイオレットも存在します。【商品名】デイトジャスト ターノグラフ
【型番】116263
【機械】自動巻 Cal.3135
【素材】イエローゴールド×ステンレススチール
【カラー】白文字盤
【ケースサイズ】36mm
【防水性】100m
【国内定価】-円
【備考】日本限定300本通常は上記のように『ターノグラフの文字・秒針・カレンダーが全て赤色』となっています。それに対して日本限定モデルの特徴は『ターノグラフの文字・秒針・カレンダーが全て緑色』となっています。ロレックスの企業カラーでもある緑色を採用しています。限定モデルのカラーは白文字盤と黒文字盤が各300本ずつで、数は少ないです。最近で中古市場でもあまり姿を見せなくなったレアモデル!イエローゴールド×ステンレスのコンビモデルなので上品でゴージャスな印象です。緑針との相性も良く使いやすいサイズ感です。