並行・中古市場から見る ロレックス GMTマスター2 Ref.116713LNの買取価格

2006年に登場したのが116713LN。

GMTマスター2の50周年を機にまず2005年に金無垢モデルが登場し、そして今回紹介する116713LNのロレゾールモデルが2006年に登場。そして最後にステンレスモデルの116710LNが2007年に登場した。

前期モデルの違いとしてGMT針が緑になったことに驚いた方も多かったのではないだろうか?因みにステンレスモデルの116710LNもこのモデルと同じように緑のGMT針である。

今回はこのモデルをみていこう。ケース径:40mm
素材:SS(ステンレススチール)×K18(18金)
防水性能:100m
パワーリザーブ:48時間
製造期間:2006年~
定価:1,240,000円(税抜)こちらの116713LNは前期モデルの16713と違ってパラクロムヒゲザゼンマイを使用しキャリバーもCal.3185からCal.3186に変更した。またベゼルはアルミ素材からセラミック素材へと進化した。

GMT針は金無垢モデルの金色針と違って緑針である。文字盤は金無垢モデルのような緑色の文字盤は今現在存在はしない。

ステンレスモデルが近年中に出ることが予想された為、すぐにこのロレゾールモデルを入手しようと思った方は少なかっただろう。

ステンレスモデルと国内定価の差も44万円とかなり開きがあるので、手を出しにくい状況もあり人気が高いモデルとは言えない。

近年金額は落ちる一方であったが、円安効果もあり最近相場が戻ってきている。2017年1月中旬【販売価格】
・新品
¥1,110,000(税込)~

・中古
ランダム番ギャラ無:¥1,040,000前後
G番(2010年)ギャラ有:¥1,070,000前後

2017年1月下旬の販売価格は上記のようになっている。

新品に関しては2016年1月の段階では、並行新品相場は
・1,130,000円程度
だったと記憶してる。それほど変動がないことがうかがえるが、2016年の秋頃は100万円を割っていた時期も短期間だが存在していた。中古相場も新品と同じように上昇しており、100万円以下で購入するのは困難だと思われる。

相場が上がったのは円安による影響によるところが大きいので、今買いかと問われるともう少し待った方がいいだろうという回答になる。