並行・中古市場から見る ロレックス ヨットマスター Ref.116622 青文字盤の買取価格

1992年に誕生したヨットマスター。

クルーザーやヨットなどを所有するセレブリティな方をターゲットにして投入された。船上で使用するということでサブマリーナやシードゥエラーのような防水性はなく100mのみ。

2012年に16622から116622となったが特にデザインの変更もキャリバーの変更もなかった。ベゼルもセラクロムベゼルになることもなかった。ブルーパラクロムヒゲゼンマイに代わったことやイージーリンク付の新型クラスプになったくらいだろうか。

今回は2012年登場のヨットマスター 116622の青文字盤を見ていく。ケース径:40mm
素材:SS(ステンレススチール)×PT(プラチナ)
防水性能:100m
パワーリザーブ:48時間
製造期間:2012年~
定価:1,180,000円(税込)2016年新しいダークグレーの文字盤が発表されたヨットマスター。そしてその影響なのか同年ロレックスHPからカタログ落ちしたシルバー文字盤のヨットマスター。

青文字盤の方が廃盤になると思いきや、シルバー文字盤が廃盤になってしまった。人気はシルバーの方があっただけに同じグレーということでシルバー文字盤の方を廃盤にしたのだろうか。

まだダークグレー文字盤の出回りが非常に少なく、またグレー文字盤もカタログ落ちしたばかりなので大きな値段の影響は出ていない。2017年1月下旬【販売価格】
・新品
¥1,000,000(税込)~

・中古
ランダム番 ギャラ有:¥960,000前後
ランダム番(2014年)ギャラ有:¥930,000前後

2017年1月中旬の販売価格は上記のようになっている。

新品に関しては2016年1月の段階では、
・1,030,000円
2015年1月の段階では
・1,020,000円
程度だったと記憶している。中古商品の出回りが少なく入手するのは困難である。販売価格もシルバー文字盤と比べると出回りが少ない分高く感じる。

ダークロジウムがもっと出回れば相場も安くなるかもしれないが、品数が少ないので大きな現象は見込めないだろう。