並行・中古市場から見る ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660の買取価格

ロレックス シードゥエラーが誕生したのは1967年。今回取り上げるモデルのロレックス シードゥエラー ディープシーのRef.116660は2008年に誕生した。

因みにDブルー文字盤は2014年から登場し、ロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600も2014年から発売されている。

ロレックス シードゥエラー ディープシーRef.116660の防水性はなんと3900m。ロレックスの技術力の高さを世界に知らしめる1本となった。

今回はこのロレックス シードゥエラー ディープシーRef.116660を見ていく。Dブルーに関してはまた別の機会で。ケース径:44mm
素材:SS(ステンレススチール)
防水性能:3900m
パワーリザーブ:48時間
製造期間:2008年~
定価:1,150,000円(税抜)20年以上製造を続けていたロレックス シードゥエラー Ref.16600の生産が終了され、2008年にこのロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660が誕生した。

このモデルはケースが分厚く、そして重量もあり、日常使用を無視したまさに技術力を誇示する為のモデルと言ってもいいだろう。

当然の結果として、最初のインパクトが徐々に薄れ人気は徐々に下降していく。人気のテコ入れをするためにかDブルー文字盤を発表したが、結果Dブルー文字盤は人気を博したが通常文字盤は変わらず。

今後生産終了か?との噂も耳にしたが、今後どうなっていくのか注目である。今回はロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660 のみ。2017年1月中旬【販売価格】
・新品
¥1,150,000前後

中古
ランダム番ギャラ有(2016)¥1,080,000前後
ランダム番ギャラ有(2012)¥983,000前後
ランダム番ギャラ無¥900,000前後

2017年1月中旬の販売価格は上記のようになっている。

新品価格を見ていくと、2015年1月の段階では、¥1,100,000前後 2016年1月は¥1,170,000前後で販売されていたと記憶している。通常の黒文字盤の方がDブルーより中古市場も出回りが多い。こだわりがない方は新品を購入するよりは絶対に中古を購入すべきだろう。新品と中古の価格差も意外とある。

Dブルーは人気があり高騰しており、数も少ないので安い良い個体に巡り合うのは困難かもしれないが、黒文字盤は出回りが多い分、安くて良い個体に巡り合える可能性が高い。