【ロレックス買取のコツ】もし複数の彼氏から同じロレックスを貰えちゃったら!クリスマスプレゼント有効活用

バブルの頃はよく聞いた「貢(みつぐ)くん」なんて呼ばれるプレゼントを貰うだけの彼氏(?)。
※貢くん(プレゼント担当)、アッシー(移動手段)、メッシー(ご飯をごちそうする担当)

90年代後半になると外国人の夜の蝶へと移り変わり、半ば強制的に貢がされるオジさんたち。
お金で何でもできると思っているバブル世代のオジさんがカモですね(笑)

新世紀になると、そんな羽振りが良い男性も減ってきて
「同じもの沢山もらって質屋で売却」なんてことはもう聞かなくなりました。それでもですよ、もしかしたらあるかも知れない。
クリスマスに同じロレックスをプレゼントされちゃうなんてこと!
(※まぁ、無いでしょうね。)

1人は粘着質な男。
やや気持ち悪いけどお金持ち。
もう1人は自分に酔ってるナルシスト。
プレゼントしちゃう自分が好き。

流石に2種類なら付け替えて楽しめても、同じモデルは2本も要らないですよね?
そんな時は売ってしまいましょう!さて2本の同じロレックス・・・でも違う箇所が実はあるのです。
それが個体番号、所謂シリアルナンバーと呼ばれる世界に1つしかない番号です。

粘着質の男性は「シリアル番号は控えてあるよ!」みたいなこと言いそうなので
そちらの方のは残しておいて、
「お前に似合うと思って」とか自分に酔っちゃってる方のロレックスを売ることにしましょう。
自分の行いには意識を集中していても、プレゼントしたロレックスのシリアル番号まで記憶していないでしょうからバレません。少しでも高く売るには、全くいじってない方のロレックスを売りましょう!

サイズ調整や小さいキズ、僅かな使用感、付属品の汚れ。
このすべてが買取査定の評価を落としてしまいます。
出来る限り買ったばかりの状態で買い取ってもらうのが1番です。

おそらく粘着質の男から貰ったプレゼントは、その場で着けさせされるので売るのには向いていませんね。でも、待って!万が一があるよね。
万が一、自分に酔っている男性と別れることがあったりしたら絶対に言われる台詞。
「別れるんだったら、この前プレゼントしたロレックス返せよ」

あ~・・・これは困った。
流石に売っちゃったとか言えない。
今手元にあるのは粘着質の男のロレックスだ。

まぁ、こっちを返しても気付きはしないだろうけど・・・
粘着野郎には、どう言えば良いのか・・・そんな時に使えるのが「質(質屋)」です。
売却とさほど変わらない金額で3ヵ月間預かってくれ、さらにお金もくれます。

自分に酔ってる男からのプレゼントは質に入れておき、
別れ際に催促して来たら、質から出し返してあげましょう。
この時、質屋には「くれたお金と、金利」を払います。
金利が損しちゃいますが、「返して」と言ってこなければそのまま質屋は放置しておけば「質流れ」しておしまいになるので売却と同じことになります。

別れる際の手際さえ間違えなければ金利の損はありませんし、
金利を払っても1本ロレックスは残っているので安いものです。

3ヵ月の猶予がありますので、リスクを考えつつ「預ける」か「売却」するか決めましょう。