店をみたらすぐ分かる!ロレックス(腕時計)を売るには店のここを見ろ!

今回はロレックス(腕時計)を売るならどの店がいいかを○○男子流に解説する。売る人にとって少しでも参考になってくれればいいが、ならないかもしれない。今回のテーマは「ロレックス(腕時計)を売るならまず店を見ろ」である。

見るのは外と内だ。「よーしロレックスでも売るか」と思ったらまずは店を探すことから始まる。店探しはインターネット使って調べてくれ。調べ方はまた今度やる予定だ。

今回はその店がロレックスを売るにはいい店なのかそうでないのかを、まずは外から俯瞰してチェックしよう。俺の感覚だが、看板デザインがスタイリッシュの店であればその店は上品な客を求めているような気がする。逆に目立つ看板であれば客の集客を重視しているように思う。看板デザインでその店の実力が見えるなんてことはよくいったものだ。あの美食家で知られる高銭程旨男(たかぜにほどうまお)さんが存在したら言ってそうだ。ターゲットがそれぞれ違うとは思うが、俺は看板=店の方針と思っている。外観が綺麗だとお洒落な店員がいて常連の客を重視。目立つのを重視している店は多くの客を求めているので気軽に対応してくれるというイメージだ。査定に関してもそのイメージが俺にはある。スタイリッシュな看板の店は店の雰囲気や高級感を大事にしていると思うのでかなり洗練された金額、社内でちゃんともまれて決まった相場金額をそのまま出してくるような気がする。

逆に後者の看板タイプの場合は人情査定でその人や状況に応じて臨機応変に対応してくれるイメージがある。