エルメス(Hermニs)は皮革の腕輪の腕時計を発表します

エルメス(Hermニs)は皮革の腕輪の腕時計を発表します
今年、エルメス(Hermニs)は再度ブランドに騎馬用具と鞍の技術を作って始まって敬意を表して、優雅で奇抜なFaubourgManchetteJoaillerie皮革の腕輪の腕時計を出します。ブランドの最も優良な伝統を維持するため、皮革の職人は有名な鞍の針のすきま法は腕時計のバンドを縫いに来て、一段ごとにの縫う最後ですきまの3針に持ってきて、手製で堅固なことを保証して、縫うのが堅固です。縫ってと皮バンドへりの間が暑くて溝の跡を押して出す前に、粗い皮辺はファイングラインディングを行わなければなりません。その後皮バンドへりのために染色して、コテで加熱して、へりにつるつるで順調にならせて、この措置は光沢加工と称します。最後に皮バンドへりのために蜜蝋を拭いて防水の能力を強化します。

第二層の筋肉と皮膚の皮革に変身して手首の上で移動して、似通って殻の発展を表します。エルメスの精製する貴金属は殻を表して完全の手作業の方法で36の台形を象眼して宝石を切断します。ダイヤモンド、エメラルドグリーン、サファイアあるいはコーヒー色のサファイア:宝石が職人を切断して宝石のために独立を精密で正確なの行って切断しなければなりません。あとで職人を象眼して宝石を枠のグルーブを表すに適当な場所に置いて、それから押しブローチを象眼してグルーブの周囲の材質を宝石に推し進めて、そっとたたいて、宝石がしっかりと固定的で位置で上に至ります。最後は工程を売り払うので、作品の輝きがはっきりと現れてきらめきます。