ロレックスはなぜ売る金額が高いのか~価値がある5つの根拠

ロレックスを売る金額がなぜ他の時計と比べて高いのかを考えたことがあるだろうか?例えば新車を今日トヨタで100万円で購入したとしよう。トヨタの店を出て一番近い中古車買取店にそのまま車を走らせて持っていった場合、ほぼ新品ではあるが中古車買取店の査定額は激安になる。これは業界の常識であると言ってしまえばその通りだが、なぜ車は激安になるのにロレックスを売る場合はそこまで金額が下がらないのかということを考察した。ロレックスのスポーツモデルが特にそうだが、とにかく出荷数が少ない。

例えば新作のロレックス デイトナ 116500LNの場合、百貨店にある正規ロレックスのお店に行ったら次のように言われる。「入荷してないですね。予約も受け付けていないんですよ。」需要と供給のバランスが全くあっていない、顧客のニーズのことを全く考えていない究極のメーカーだ!上客だけには裏で販売し、俺のような貧民には残り物をくれてやる、欲しけりゃ正規店をアホみたいに周りなという精神の営業戦略なのか?そうでないとしてもそう疑わざるを得ない。需要が多いのに供給が少ないのでロレックスを売る金額が下がらないのであろう。この考察は間違いない。いい加減にしロレックス!