腕時計投資は最適な投資?時計好きな我々ができる投資なのか?

副業元年といわれている2018年みなさんも副業やっていますか?
最近の副業といえばビットコインに代表させる仮想通貨です。
しかし、仮想通貨は典型的なハイリスクハイリターンの投資です。
そこで我々のような時計の知識や興味がある人向けの副業・投資が『腕時計投資』です。今日はその時計投資の実態、メリットやリスクを書いていきます。トケマーで売っていたエクスプローラーⅠ REF 14270、1998年製の並行輸入商品です。
エクスプローラーが1987年より製造中止の後に製造開始されたモデルで、19991年に登場したモデルです。
トケマーでは49万8千円で販売されていて、もちろんSOLD OUTです。このREF 14270は私が1998年にAir-Kingを購入した時最後まで迷ったモデルです。

当時Air-KingのREF14000は定価31万(税抜)でほぼどこのお店も横並び価格、対してエクスプローラーⅠは前年に始まった木村拓哉氏が出たドラマ「ラブ・ジェネレーション」の影響で日々価格が上昇していました。

日本Rolexの定価が36万に対して実勢販売価格は39万から42万の間でした。トケマーにあった私が所有していたAir-Kingはトケマー販売価格で36万で売り切れでした。
つまり
エクスプローラー1:36万→49万
エアキング:31万→36万円と20年の時が経過しているにもかかわらず値上がりしている事がわかります。トケマーには直接時計を販売できる『出品』機能があります。手数料はわずか5%です!
ここでもし私が過去に買ったエアキングをトケマーで出品、先程の価格で売り、手数料5%¥18000を支払い残りが利益になります。¥32000の利益が出ます。このようにRolexは20年経過しても価格は緩やかな上昇傾向にあり、エアキングのようなリーズナブルなモデルでも購入当時の価格に近い値段で売る事ができます。
数あるブランドの中でもこのRolexが一番腕時計投資に向いているブランドでしょうね。
【エアキング】は年利換算にすると約5%で、貯蓄するよりも効果的な投資と言えます。2018年3月時点で三菱東京UFJ銀行で、外貨定期預金で年利6%の商品があります。しかし外貨預金は当然原価割れのリスクがあります。現在のアメリカ大統領だと、有事が起こるリスクは相当高く腕時計の方が安心できる投資、SWISS MADEの時計は歴史的に見ても過去2度の世界大戦でも強さを発揮してきました。機械式時計のメリットは半永久的に使用が出来ることです。車などの燃焼系の物と異なり、部品類が摩耗する事はあっても、その部分を交換して定期的に注油など潤滑油を加えていけば修理不能という事はありません。

【オメガ】映画「ファーストマン」いよいよ明日公開!

オメガスーパーコピーファンの皆様。

映画「ファーストマン」いよいよ明日公開されますね!

 

監督は「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・ チャゼルと、主演はライアン・ゴズリング。

人類史上初となる月への有人宇宙飛行任務を題材とした本作は、

ニール・アームストロングを中心に、歴史的偉業となったアポロ11号の飛行に到るまでの10年を描きます。

当時の緊迫した心理状態や、 歴史上最も危険な任務の1つに数えられるこの宇宙計画の偉業を伝えるだけでなく、

アームストロング自身と彼の家族、同僚たち、そしてアメリカという国自体が負わなければならなかった影の部分も描写しています。

 

劇中には、スピードマスター プロフェッショナルをはじめ、1960年代に販売されていたモデルが複数登場します!

月面着陸の瞬間や、アームストロングの月面着陸時の有名なセリフもどのような演出で描かれるのか楽しみですね!

 

【希少ロレックス】なかなか見ない、珍しいモデル発見!!【レビュー】

今回は『ちょっと珍しいロレックス』を、ご紹介します。珍しいと言ってもアンティークでもないですし、GMTマスター2のスティックやcal.3186などのレアポイントなどもない。企業コラボや日本限定品などでもないんです。「じゃあ何?定番で珍しい?何それ?」そうですね、では見ていきましょう。流通が少ない(生産も?)ロレックスを紹介します!さぁ、早速いきましょうね。予想は何でしょう?チェリーニでしょうか?まずは紙の箱。こちらは現行の一つ前の箱です。

【希少!!】この1年間で私が見た心躍るレアモデル5選 

【商品名】サブマリーナデイト
【型番】16613
【機械】自動巻 Cal.3135
【素材】ステンレススチール
【カラー】ヴァイオレット ※公式ではブルー
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】-円
【備考】-まずはサブマリーナデイトのヴァイオレットダイヤルからいきましょう!
正式にはブルーダイヤルですが、画像のサブマリーナは文字盤の色がブルーではなくヴァイオレットとなっています。実は非常にレアで人気がある文字盤カラーなんです。Ref.16613は1989年~2009年までの20年間という長い製造期間でしたが、画像のヴァイオレットカラーは初期生産分の一部にしか見られない個体で、タマ数が圧倒的に少ないんです。しかも、ヴァイオレットの色味もまちまちで、『光に当ててなんとなく紫に見えるもの』から、『自然光の中でどの角度から見ても完全にヴァイオレットといえる個体』まであります。当然、より濃いヴァイオレットの個体ほど評価も上がり、価格も高騰します。ちなみ画像のヴァイオレットの色味を5段階評価で表すとレベル3.5といったところでしょうか?これよりもっと濃いヴァイオレットも存在します。【商品名】デイトジャスト ターノグラフ
【型番】116263
【機械】自動巻 Cal.3135
【素材】イエローゴールド×ステンレススチール
【カラー】白文字盤
【ケースサイズ】36mm
【防水性】100m
【国内定価】-円
【備考】日本限定300本通常は上記のように『ターノグラフの文字・秒針・カレンダーが全て赤色』となっています。それに対して日本限定モデルの特徴は『ターノグラフの文字・秒針・カレンダーが全て緑色』となっています。ロレックスの企業カラーでもある緑色を採用しています。限定モデルのカラーは白文字盤と黒文字盤が各300本ずつで、数は少ないです。最近で中古市場でもあまり姿を見せなくなったレアモデル!イエローゴールド×ステンレスのコンビモデルなので上品でゴージャスな印象です。緑針との相性も良く使いやすいサイズ感です。

200万オーバーの超ド級ロレックスデイトナ5選!【今年一年頑張ったご褒美に!】

【商品名】デイトナ
【型番】116509
【機械】自動巻き Cal.4130
【素材】K18ホワイトゴールド
【カラー】シルバー
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【参考定価】3,855,600円(税込)
【備考】-まずはホワイトゴールドのデイトナです。明るいシルバーダイアルにアラビア数字の相性が良く、インダイアルの縁は黒となっている為、視認性も抜群です!現在、Ref.116509はアラビアインデックスは既にカタログ落ちしており、製造されていません。アラビアインデックスはよりスポーティな印象が強くなりますね。クロノグラフ針とインダイアルの針、目盛は赤で統一しており、非常に良いアクセントとなっています。癖のないダイアルで使いやすいモデルだと思います。定価は400万円近くする超高級時計ですが、中古相場は200万円台前半から後半といったところでしょうか。トケマーにD番(2005年頃製造)が箱、保証書さらにはシリアルタグまで付いた状態です。資産性も高い価値ある一本ですよ!

【A.ランゲ&ゾーネ】ブランドストーリーVol.5 3/4プレートについて

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.5 3/4プレートについて

今回は、ドイツ時計全般に共通する大きな特徴の1つ「3/4プレート」についてお話します。

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.5 3/4プレートについて

上の写真をご覧下さい。

これは、2015年に刷新されたランゲ1のムーブメントCal.121.1です。

文字通り、ムーブメントの約3/4を大きな1枚のプレートで覆っています。

この構造はムーブメント全体を堅牢なものにし、さらに動作を安定させるのに大きな役割を担っているのです。

輪列(ゼンマイの力を伝える歯車の構成)の軸を支えるために、創業者のアドルフ・ランゲは1864年に3/4プレートを導入しました。

この構造は、スイス時計を始めとする多くの時計に用いられている受け板方式よりも遥かに歯車の動きが安定しており、ムーブメントに細かい埃や汚れが混入する可能性も低くなります。

ですが、製造には軸間隔の穴あけ精度の許容誤差を小さくしなければならず、受け板方式よりも難しくなります。

組み立て作業も時間と手間を要します。

A.ランゲ&ゾーネの3/4プレートやベースプレートは「ジャーマンシルバー」と呼ばれる洋銀製です。

これは特殊な合金で、主な成分は銅・ニッケル・亜鉛で、一般的に使用される真鍮よりも強度の点で優れています。

ニッケルが合金に含まれていることにより、空気に触れても酸化することはまずありませんが、僅かな経年変色が起こります。

時間が経つに連れて黄金色の実に美しい緑青が生じて、酸化防止の皮膜を形成します。

ジャーマンシルバーは、実に理にかなった、美しさと実用性を兼ね備えた素材です。

所有年数とともに姿を変える、まさに「育てる」という点においても、オーナー様の満足感を満たしてくれるのです。

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.5 3/4プレートについて

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.5 3/4プレートについて

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.5 3/4プレートについて

並行・中古市場から見る ロレックス サブマリーナ Ref.116613LB 青サブの買取価格

2009年に前期モデル16613の後継機モデルとして誕生した。通称「青サブ」といわれており、コンビモデルの中でも1番人気があるといっても過言ではないモデル。青サブは出た当初文字盤はマットであったが、2013年頃からサンレイ文字盤という独特の艶青色した文字盤に変化した。(型番はそのまま)そんな青サブを今回は見ていこう。ケース径:40mm
素材:SS(ステンレススチール)×K18(18金)
防水性能:300m
パワーリザーブ:48時間
製造期間:2009年~
定価:¥1,290,000(税抜)ロレックスのコンビモデル(ロレゾール)として定番中の定番。青文字盤サブマリーナこと青サブ。前機モデルの16613を人気も継承し今も衰えを知らず人気があるモデル。前機16613のモデルと比べても116613は性能がアップしており、より力強く機能的なデザインになった。ラグ・リューズガードが大型化しより堅牢になり、また3連ブレス中央パーツが中空からソリッドへ。そしてヒゲゼンマイがブルーパラクロムヒゲゼンマイに変更するなど改良もしっかりされている。今後人気が衰えていくことは考えられず、夏に最もつけたい腕時計といっても問題なかろう。

並行・中古市場から見る ロレックス ヨットマスター2 Ref.116681の買取価格

2007年ロレックス ヨットマスター2は誕生した。そして2011年に本日紹介するモデル、ヨットマスター2 Ref.116681が発売された。その2年後の2013年オールステンレスモデルRef.116680がラインナップされることとなった。プロセーラーのニーズに応えるために開発されたとされる腕時計ヨットマスター2は特殊な機能が搭載されている。ロレックスのベゼルは普通は内部機械とベゼルは独立して機能するものであるが、このヨットマスター2は内部機械と連動している。ヨットのスタート時に活躍する機械式のレガッタ機能が搭載されたおり、まさにプロ仕様と言える。今回はそんなヨットマスター2のロレゾールモデルをみていく。ケース径:44mm
素材:ステンレススチール×エバーローズゴールド
防水性能:100m
パワーリザーブ:72時間
製造期間:2011年~
定価:2,400,000円(税抜)ヨットマスターと似ても似つかないヨットマスター2。通常モデルのヨットマスターと同じで船上で使用することを想定したモデルであり、防水性は100mしかない。第2のクロノグラフモデルとして注目を浴びたが、デイトナのような人気は全くなく、DEEPSEAと同じように人気よりはロレックスの技術力を示したいモデルではないだろうか?

並行・中古市場から見る ロレックス オイスターパーペチュアル Ref.114300の買取価格

2015年に発売されたオイスター パーペチュアル Ref.114300。オイスターパーペチュアルと言えば初心者向けのエントリーモデルとしての位置づけである。デイトがついていないのが不便ではあるが、100m防水であることやクロノメーターの認証を受けいてることなどスペックとしては申し分ない。今回ケースサイズ39mmのオイスターパーペチュアル114300を見ていく。ケース径:39mm
素材:SS(ステンレススチール)
防水性能:100m
製造期間:2015年~
定価:¥540,000(税抜)2015年に登場したオイスターパーペチュアル114300。メンズサイズでは以前より34mm、36mmと存在したが新たに加わったサイズが39mm。エクスプローラー1の214270と同じサイズである。ドレス系モデルということでスポーツモデルと比べるとインパクトに欠ける登場であったが、ヨットマスターでおなじみのダークロジウム文字盤やレッドグレープ文字盤など目新しい文字盤も発売されている。オイスターパーペチュアルでこの114300のみ、パラフレックスショック・アブソーバーを備えるCal.3132が採用されている。これはエクスプローラー1と同じ機械でありケースサイズも同じでデイト無という点でもかなり似ている。しかし当然人気はエクスプローラー1の方が断トツである。

【A.ランゲ&ゾーネ】ブランドストーリーVol.4 ウォルター・ランゲ

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.4 ウォルター・ランゲ
【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.4 ウォルター・ランゲウォルター・ランゲ(1924-2017)

 

 

ウォルター・ランゲは、生きることは行動することだと考えました。だからこそ、普通であれば現役を退く60歳半ばにして起業したのです。1948年、東ドイツ政府に会社を接収されたランゲ一族はグラスヒュッテを去ることを余儀なくされました。ウォルター・ランゲはその生まれ故郷に1990年12月7日、ランゲ・ウーレンGmbHを設立し、始祖の遺業に新たな命を吹き込みました。そこから遡ること145年前にウォルターの曽祖父アドルフ・ランゲが時計工房を設立し、ザクセン高級時計産業の土台を築いたのも12月7日でした。

再びザクセンから世界最高級時計を世に送り出すという夢を抱き続けていたウォルター・ランゲは、ベルリンの壁の崩壊と東西ドイツの再統一という歴史的な出来事を、夢を実現する千載一遇のチャンスと見て行動を起こします。楽天的な理想主義者であるウォルターは、グラスヒュッテに雇用を創出し、郷里の人々が将来への展望を持てるようにしたいと考えたのです。

ウォルター・ランゲを中心とするチームとビジネスパートナーであるギュンター・ブリュームラインは、一心不乱に会社の立ち上げと製品開発に取り組み、4年後の1994年10月24日ついに、新生A.ランゲ&ゾーネの記念すべきコレクション第1号の発表にこぎ着けます。最高水準の技術と時計師の手仕事で作り上げたクラシックなデザインの4つのモデルは、高い評価を受け、A.ランゲ&ゾーネの伝説を蘇らせました。名門A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー復活のニュースは、再びスイス以外に高級時計産業の中心地が形成されるという、パラダイムシフトを引き起こしたのです。

数々の革新的な時計技術を開発してきたA.ランゲ&ゾーネスーパーコピーは、約60か国で最高級時計ブランドとして定着しています。設立時にはわずかだった社員数も20年の間に700人に増え、コレクションも第1号の4モデルから、個性豊かな5シリーズ、70モデル以上を展開するまでになりました。しかし、ウォルター・ランゲにとって最もうれしいことは、故郷のグラスヒュッテで1,300人以上の人々が時計産業に従事しており、その数が増える傾向にあることです。

ウォルター・ランゲは日常業務から退いてからも、自らを「歴史への架け橋」と称して、経験知識の豊かな助言者として常に工房の動向を気にかけ、歩みを共にしてきました。

また見本市や重要なイベントにはブランドの代表者として足を運び続け、各方面からの尊敬を集めていました。

謙虚さで知られたウォルター・ランゲが「今日、A.ランゲ&ゾーネスーパーコピーが再び存在するのは、何と言ってもウォルター・ランゲの勇気のおかげ」という賛辞を受け入れないとしても、それは事実です。彼の交渉役としての働きと彼が設立した会社によって、グラスヒュッテが再びドイツ時計産業の中心地となる素地ができたのですから。1995年、ウォルター・ランゲはその功績に対してグラスヒュッテ町から名誉町民の称号を与えられ、1998年にザクセン州から功労勲章を受章しています。さらに2013年にはスイスの高級時計財団(FHH)が、「この人物なしにA.ランゲ&ゾーネスーパーコピーの復活はあり得なかった」として「オマージュ・ア・ラ・パッシオン」賞でその功労を表彰しました。ローザンヌでそのライフワークに贈られた賞をウォルター・ランゲは殊のほか喜び、「よりによってスイスでこの賞を頂戴するとは!」と軽妙洒脱な感想を述べています。

 

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.4 ウォルター・ランゲ

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.4 ウォルター・ランゲ

【A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー】ブランドストーリーVol.4 ウォルター・ランゲ