はじめてのロレックス 高い買取価格を引き出す7つのポイント

高級時計は売れる。とくにロレックスは高く売れる。下手すると購入した時の金額よりも高く売れるなんてこともある。このことは大きな強みである。このようなことがあるからこそロレックスは人気が高い。

時計を売るタイミングは新しく時計を買いたい方、買い替えを希望する方、急な入用になった方などなど人それぞれであろう。今回はロレックスを売ろうと考えているユーザに対して、できるだけ幅広く最適な売り方を提案していく。よい査定金額を出す為に何をすべきか、どういう対策があるか、どの点に気を付けて日常使用していけばよいのかなどを記載するので参考にして頂きたい。最近は便利な世の中で、店頭に足を運んで色々な店を廻らなくてもインターネットを使えばすぐに自分の時計がいくらで売られているか調べることができる。楽天などを使えば楽天内の中古の最安値などがボタンひとつで順番を変えて出てくる。最低でも最安値の販売金額は把握しておこう。

ここで注意して頂きたいのは、商品を間違えないことだ。ロレックスの場合は例えば同じサブマリーナという時計でも作られた年代で値段が全く違う。間違った商品の金額をみても意味がない。できるだけ自分の時計と同じ年代のもの、付属品の有無をしっかりと確認しよう。ロレックス中古市場は「需要と供給」が非常に大きなポイントとなる。サブマリーナなどは夏に売れるので当然冬よりも初夏の方が高い可能性が高い。
もちろん人気モデルは高額査定になるし、新型の時計が出たら旧型が人気がなくなる可能性もある。(中には旧型になったとたんにディスコンとして値段があがるのもある)

またお店の在庫量や客注(お客様からの注文)が入っていて高い場合もある。こればかりはお店の都合になってしまう。在庫多いかどうか頻繁に確認するわけにもいかないので運しかない。

ただロレックスの時計はとくにスポーツ系は基本的に売れ行きがよく、在庫が足りない場合が多い。どの業者もロレックスの時計を欲している。業者同士の付き合いもあるので別の業者がその時計を欲していれば、販売先が確保できているので強気で買い取り金額を出す場合もある。

買取相場を調べて、自分のだいたいの買取金額を予想しておこう。HP上で表記しているところもあるし、メールで見積もりに応えてくれるとこもある。最近はLINE査定というのも流行っているのでぜひ活用してほしい。下記にLINE査定レビュー記事とHP買取価格が出ている例とを紹介しておく。付属品はロレックスにとって需要だ。購入した時についていた箱や保証書などの付属品は必ず保管しておこう。邪魔だから捨ててしまう、どっかいってしまったなんてことは私に言わせればロレックスオーナーとして失格である。

付属品なしで購入したのなら別だが、付属品も時計の一部であると考えて大切に扱おう。もちろん自分の腕のサイズに合わせるために外したコマも大切な付属品となる。金無垢時計になると1コマだけで2万で買取してくれるなんて話も聞いたことがある。保証書で数万円変わる可能性も大いにあるので絶対に保管しておくべきである。

ロレックス投資を考える。今買うべき新品ロレックスはコレ!から1年4カ月(2017.10)

まずは「目安」としてデイトナ投資でもおなじみのステンレス製 旧デイトナ Ref.116520。
黒:定価 ¥1,242,000 → 販売価格 ¥1,524,980 (税込)
白:定価 ¥1,242,000 → 販売価格 ¥1,429,850 (税込)

人気の黒文字盤は122%
白文字盤は115%

黒文字盤は22%も高いプレミアムプライスになっています。

新品の買取価格は6/7の時点でジャックロードさんのHPによると
デイトナ SS 黒 116520 1,238,500円 ランダム品番
と、なっていましたので定価でデパートで買ってもセドリのような「得」はありません。
クレジットカードで購入しカードポイントの還元などを考慮すれば少し儲かりますか。

ただし生産終了になっていますので新品をデパートなど正規販売店で購入できるかは不明です。ハイ、1本目はお約束のデイトナです。
昨年生産終了になった116520ですね。

昨年の6月の時点で日本で一番安いんじゃないの?と思われる「かめ吉」さんの値段を参考に記事を書いています。新品の黒が1,524,980円、白が1,429,850円でした。

1年4カ月経った今現在の黒文字盤の新品未使用シール付きはなんと230万円オーバー!

あの時、私を信じて買っていてくれたら1年4カ月で+80万円です(笑)続いて大本命 Dブルー。
シードゥエラー ディープシー Dブルーの新品相場を見てみましょう。
定価 ¥1,274,400 → 販売価格 ¥1,433,980 (税込)

112%のプレミアムプライス。

デイトナよりはやや落ちますが充分高値ですね。
またこのモデルは常に「生産終了」が囁かれていますので、所有者も これから買う方もそわそわしているのではないでしょうか?

ノーマルの黒文字盤ディープシーは定価以下になっていますので、投資目的では気をつけましょう。

ジャックロードさんの買取表によると
ディープシー Dブルー 116660 1,249,000円
こちらは買って売っても損が出ます。2本目。
昨年も生産終了とか言われていましたが、今でも売っています。
ただ、シードゥエラー43に新キャリバーが搭載されたので今後の行方は不明です。昨年の6月は1,433,980円で売られていた新品も、1年4カ月経った今かめ吉さんでは161万円で売られています。デイトナほどの大幅なアップは無いものの、+18万円となっています。

大本命とか言っていますが、そんなでもなかったか(笑)
私の予想なんていい加減なものです。次はハルクこと新グリーン・サブマリーナー 116610LVを見てみます。
定価 ¥928,800 → 販売価格 ¥976,980 (税込)

105%のプレミアムプライス。

段々定価に近づいてきましたが、グリーンサブもノーマルモデルの割に正規店での購入が困難になっているようですね。

ジャックロードの買取表では
グリーンサブマリーナ新型 グリーン 116610LV  808,000円
と、かなり幅が出ますのでセドリは不可能です。3本目グリーンサブマリーナー116610LVです。

昨年の6月は976,980円と定価より5万円くらい高かったなって軽い感じでしたが、1年4カ月経った今・・・なんと新品138万円の値が付いちゃいました!え?なんで・・・って感じですよね。
今更値が上がる要素がわからない。

でも1年4カ月で、+40万円は生産終了したデイトナほどでは無いものの物凄いアップではないでしょうか?
あの時私を信じてk(しつこい)

並行・中古市場から見る ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660の買取価格

ロレックス シードゥエラーが誕生したのは1967年。今回取り上げるモデルのロレックス シードゥエラー ディープシーのRef.116660は2008年に誕生した。

因みにDブルー文字盤は2014年から登場し、ロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600も2014年から発売されている。

ロレックス シードゥエラー ディープシーRef.116660の防水性はなんと3900m。ロレックスの技術力の高さを世界に知らしめる1本となった。

今回はこのロレックス シードゥエラー ディープシーRef.116660を見ていく。Dブルーに関してはまた別の機会で。ケース径:44mm
素材:SS(ステンレススチール)
防水性能:3900m
パワーリザーブ:48時間
製造期間:2008年~
定価:1,150,000円(税抜)20年以上製造を続けていたロレックス シードゥエラー Ref.16600の生産が終了され、2008年にこのロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660が誕生した。

このモデルはケースが分厚く、そして重量もあり、日常使用を無視したまさに技術力を誇示する為のモデルと言ってもいいだろう。

当然の結果として、最初のインパクトが徐々に薄れ人気は徐々に下降していく。人気のテコ入れをするためにかDブルー文字盤を発表したが、結果Dブルー文字盤は人気を博したが通常文字盤は変わらず。

今後生産終了か?との噂も耳にしたが、今後どうなっていくのか注目である。今回はロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660 のみ。2017年1月中旬【販売価格】
・新品
¥1,150,000前後

中古
ランダム番ギャラ有(2016)¥1,080,000前後
ランダム番ギャラ有(2012)¥983,000前後
ランダム番ギャラ無¥900,000前後

2017年1月中旬の販売価格は上記のようになっている。

新品価格を見ていくと、2015年1月の段階では、¥1,100,000前後 2016年1月は¥1,170,000前後で販売されていたと記憶している。通常の黒文字盤の方がDブルーより中古市場も出回りが多い。こだわりがない方は新品を購入するよりは絶対に中古を購入すべきだろう。新品と中古の価格差も意外とある。

Dブルーは人気があり高騰しており、数も少ないので安い良い個体に巡り合うのは困難かもしれないが、黒文字盤は出回りが多い分、安くて良い個体に巡り合える可能性が高い。

腕時計投資は最適な投資?時計好きな我々ができる投資なのか?

副業元年といわれている2018年みなさんも副業やっていますか?
最近の副業といえばビットコインに代表させる仮想通貨です。
しかし、仮想通貨は典型的なハイリスクハイリターンの投資です。
そこで我々のような時計の知識や興味がある人向けの副業・投資が『腕時計投資』です。今日はその時計投資の実態、メリットやリスクを書いていきます。トケマーで売っていたエクスプローラーⅠ REF 14270、1998年製の並行輸入商品です。
エクスプローラーが1987年より製造中止の後に製造開始されたモデルで、19991年に登場したモデルです。
トケマーでは49万8千円で販売されていて、もちろんSOLD OUTです。このREF 14270は私が1998年にAir-Kingを購入した時最後まで迷ったモデルです。

当時Air-KingのREF14000は定価31万(税抜)でほぼどこのお店も横並び価格、対してエクスプローラーⅠは前年に始まった木村拓哉氏が出たドラマ「ラブ・ジェネレーション」の影響で日々価格が上昇していました。

日本Rolexの定価が36万に対して実勢販売価格は39万から42万の間でした。トケマーにあった私が所有していたAir-Kingはトケマー販売価格で36万で売り切れでした。
つまり
エクスプローラー1:36万→49万
エアキング:31万→36万円と20年の時が経過しているにもかかわらず値上がりしている事がわかります。トケマーには直接時計を販売できる『出品』機能があります。手数料はわずか5%です!
ここでもし私が過去に買ったエアキングをトケマーで出品、先程の価格で売り、手数料5%¥18000を支払い残りが利益になります。¥32000の利益が出ます。このようにRolexは20年経過しても価格は緩やかな上昇傾向にあり、エアキングのようなリーズナブルなモデルでも購入当時の価格に近い値段で売る事ができます。
数あるブランドの中でもこのRolexが一番腕時計投資に向いているブランドでしょうね。
【エアキング】は年利換算にすると約5%で、貯蓄するよりも効果的な投資と言えます。2018年3月時点で三菱東京UFJ銀行で、外貨定期預金で年利6%の商品があります。しかし外貨預金は当然原価割れのリスクがあります。現在のアメリカ大統領だと、有事が起こるリスクは相当高く腕時計の方が安心できる投資、SWISS MADEの時計は歴史的に見ても過去2度の世界大戦でも強さを発揮してきました。機械式時計のメリットは半永久的に使用が出来ることです。車などの燃焼系の物と異なり、部品類が摩耗する事はあっても、その部分を交換して定期的に注油など潤滑油を加えていけば修理不能という事はありません。

【相場上昇??】今のうちに手にいれたいオススメロレックス2選

一度は手に入れたい高級時計の代表格ロレックス。人気の理由は見た目の良さ、壊れない強さ、リセールの高さ、知名度の高さなど、たくさんあります。そのロレックスの中でもたくさんの種類があり、同じ型番でも年代によるマイナーチェンジがあったりして、大きな価格の違いなどがあります。今回はそのロレックスの中でもこれからの将来性に期待できるオススメしたい2本の時計を紹介します。まず1つ目はRef.214270のエクスプローラー1。その中でも2016年3月にマイナーチェンジが決定したRef.214270ですが、マイナーチェンジ前のRef.214270をオススメします。マイナーチェンジのことを知っている人は多いと思いますが、マイナーチェンジ前のものは3、6、9のインデックスに夜行塗料が入っておらず、また現行のものよりも針が短くなってます。Ref.214270の夜行塗料なしの通称ブラックアウトは2010年発表されて製造は僅か6年程でした。そしてオススメするのはブラックアウトの中でも最終にあたる2016年製造のものをオススメします。何故2016年を勧めるかというと、2016年初旬頃にロレックスのスポーツモデルにおいてバックルのマイナーチェンジがありました。今まではマットな仕上げの梨地仕上のバックルでしたが、2016年初旬頃の使用変更に伴いピカピカの鏡面仕上のバックルに変更されました。もちろんブラックアウト仕様の214270もバックルの仕様が変更されました。つまり2016年の3月にインデックスや針が変わるマイナーチェンジが発表されたブラックアウト仕様の214270は鏡面バックルの数が極端に少ないことになります。

【ロレックス 買取】ロレックスを使って簡単に儲ける方法

ロレックス投資という言葉を聞いた事があると思いますが、
生産終了が発表されたモデルや、生産数が少ないレアモデルを購入して、
数年から数十年後に価値が上がった時に売却して儲ける方法があります。

しかし、価値が上がるまでに長期間を要したり、
価値が上がらない可能性もあり、逆に損をしてしまう恐れもあります。

そんな手間暇掛けず、低リスクで儲ける方法があるんです!
今回は簡単に儲ける方法をご紹介します。方法はいたって簡単です。
ロレックスには正規店で定価で入手することが困難なモデルが存在します。

その為、入手困難モデルは並行輸入品店などで、
定価を上回るプレミアム価格で取引されます。

その為、買取金額も並行品店での売値を考えて提示されるので、
必然的に定価以上で買取りされることが多いです。
この仕組みを利用して儲ける方法です。ただ仕組みは簡単ですが
ただでさえ入手が難しく数も少なく、この仕組みを知っているライバルも多いので、
商品が売っている場面に会う強運と・ある程度のコネクション・行動力が必要になります。
あとはどんな商品が高く売れるのか把握する必要もあります。今回は、あるお店がロレックスの新品の買取金額表を掲載していたので、
この金額を参考に検証していきます。

この買取り店の新品の条件です。
これを満たしていないと新品価格で買取りしてもらえません。
・付属品が揃っている
・並行品(日本の正規店で購入したものはダメ)の未使用 
・保護シールが全て付いた状態 
・ブレスレットが未調整
・ランダム番シリアル
・保証書の日付が1か月以内この条件を見る限り、日本で購入した正規品ではこの金額にはなりませんのでご注意を。
つまり海外のお店で購入したものが対象になります。
海外によって販売価格は違うので、
今回は分かりやすく日本の定価で購入出来たら、いくら儲かるか検証していきます。2016年に発売されたロレックスの新作。
まだまだ市場に出回っている数が少なく、とても人気があるので儲かる金額が高いです。

ロレックス デイトナ 116500LN 国内定価 1,274,400円
買取り金額 黒文字盤 180万円、白文字盤 190万円

なんと買って売るだけで、約60万円儲かります!
そもそも超レアな商品なので買える確率は極めて低いですが、
もし運よく入手出来たら最高ですね。

ロレックス デイトナ 116520のリセールバリューについて真剣に考えてみた

ロレックスは資産として扱われ、リセールバリューがとても優れている事で有名ですよね!そこでデイトナ116520の購入を考えている方に少しでも力になれればと思い、私が購入した時の金額と使用した年月、そして現在の買取金額を載せて今までの流れを載せて行けたらと思います。これは忘れもしません!2009年に入社して社会人デビューをした私が一年間頑張ったご褒美に2010年に購入しました!その時は知り合いの力を借りてロレックスで購入したので、当時の定価997,500円が購入金額です!今思うとこの時期に定価で買えたなんてラッキーでした笑2010年に購入した私のデイトナはV番で黒文字盤です。そこから2016年の生産終了までの間に何度かの価格改正とマイナーチェンジがありました。 
・2010年購入時 997,500円(税込)

・2013年価格改正997,500円→1,092,000円(税込)

・消費税5→8%1,092,000円→1,123,000円(税込)

・2015年価格改正1,123,000円→1,242,000円(税込)
 そして製造番号がV→G→ランダム番と変更され、その間に蛍光塗料がルミノバからクロマライトに変更されました。他にもインダイヤルがギラギラシルバーなったとか細かい点はありますが…

並行・中古市場から見る ロレックス ミルガウス Ref.116400の買取価格

ロレックス ミルガウスが誕生した年は1956年とかなり歴史は古い。当初は医者や科学者などの磁気を発する機器に接する機会にある一部の特殊な人のみ着用されていた。

その後1988年まで製造されていたが一度生産をストップ。20年の時を経て2007年に衝撃的に復活したミルガウス。

1000ガウスの優れた耐磁性があり、イナズマの特徴的な針を持つミルガウスをみていくことにする。今回は116400 白文字盤のみ。116400GVはまたの機会に。ケース径:40mm
素材:SS(ステンレススチール)
防水性能:100m
パワーリザーブ:48時間
製造期間:2007年~
定価:730,000円(税抜)現代では磁気を帯びる製品が日常を取り巻いている為、このミルガウスの魅力が再び注目されている。ししかし黒文字が廃盤となり、白文字盤もロレックス公式ページから消えてしまっている。

その結果駆け込み需要などでこのミルガウスの相場が今後上がる可能性もあるが、もともと人気があるモデルでもないのでヨットマスターロレジウム同様、今は静観している方が多い気がする。

今後本当に手に入らなくなってから注目が集まる。ロレックス ミルガウス Ref.116400 のみ。

2017年1月中旬【販売価格】
・新品
¥580,000前後

中古
V番ギャラ有(2009年)¥510,000前後
ランダム番ギャラ有(2012)¥530,000前後

2017年1月中旬の販売価格は上記のようになっている。

新品価格を見ていくと、2015年1月の段階では、¥570,000前後 2016年1月は¥630,000前後で販売されていたと記憶している。中古市場においても出回りがまだまだ多く相場が下がっている傾向にある。今後新しいモデルや文字盤が誕生すればさらに金額が下がることが予想される。

トケマーとオークションサイトの違いは?

オークションサイトとトケマーの違いは、オークションサイトは上のイメージにあるような、特定の商品をビッド(入札)によって集め、最高入札額を入れた人を落札者とするシステムです。国内では2018年7月時点では『Y』、『R』、『B』が大手3社と言われています。
『Y』社が国内最大手のオークションサイトと言われていて、登録者数も2018年時点で2500万人と日本の人口の約4分の1が登録している計算になります。一時期は隆盛を極めたオークションサイトですが、ここ数年は新興の『M』がフリマサービスをスマホアプリに特化、若い層を取り込み、台頭してきました。
オークションサイトとの違いは、一番先に購入希望した方が即決で購入できる点です。オークションのように価格が上昇する事がありません。
そのため大手オークションサービスも、ここ数年は新興フリマアプリ、『M』を摸倣して、フリマサービスに参入しています。
トケマーもこのフリマサービスと言われるサービスです。トケマーは腕時計のみに特化した、フリマサービスです。
そのため、トケマーに集まる人は腕時計を売りたい人、買いたい人が集まるサイトになっています。つまり目的が時計の売買である方が集まるため、不特定多数(冷やかし含む)の方が集まる他のフリマサービスよりも、買う人は目的の腕時計が見つけやすく、売る人は相場に合った価格での販売ができます。更に販売価格が3万円以上の腕時計と限定しています。
これによって、ある一定の基準以上の腕時計だけを揃えたサイト構成になります。どちらのサービスが得かは、色々な条件、状況で変わります。
例えば上のトケマーで出品されていたエアキングは¥338000で売れています。
オークションサイトで見てもほぼ同額になります。
オークションやフリマサービスの売買タイミングは株式投資に似た物となります。
トケマーとの比較では場合によっては他のフリマサービスが良い時もあり、トケマーが良い
場合もあります。
しかしこの良い悪いは売買の後しばらく経過してから、わかる物です。人気の無い腕時計が、映画やドラマに使われただけで、価格が急上昇した事も過去に何度もあります。
相場の乱高下に左右される事もあるため、固定費であるフリマサービスの手数料はしっかり理解しておく必要があります。

【希少ロレックス】なかなか見ない、珍しいモデル発見!!【レビュー】

今回は『ちょっと珍しいロレックス』を、ご紹介します。珍しいと言ってもアンティークでもないですし、GMTマスター2のスティックやcal.3186などのレアポイントなどもない。企業コラボや日本限定品などでもないんです。「じゃあ何?定番で珍しい?何それ?」そうですね、では見ていきましょう。流通が少ない(生産も?)ロレックスを紹介します!さぁ、早速いきましょうね。予想は何でしょう?チェリーニでしょうか?まずは紙の箱。こちらは現行の一つ前の箱です。